Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

幼児期に頭と性格のいい子の土台を作るコツ

幼児期の子育ての中で大切なことをまとめています

*

子どもに接するときに守ること

   

子どもに接すときに、ワタシが特に守ってきたことは、

  • 子どもの相手をするときは、必ず!集中する
  • きっぱりとした態度も大切
  • お金を物差しにしない
  • 子どもの世界に干渉しすぎない
  • 「甘えさせ=栄養」と「甘やかし=毒」

です。

皆さんは、いかがでしょうか?
子どもに話しかけられたとき、つい、自分の作業に集中しながら子どもと接してしまう…そんなことはないでしょうか?
子どもと向き合う時の親の姿勢は注意が必要です。

いろいろご意見もあるかと思いますが、これを機に、ご夫婦・おじいちゃんおばあちゃんとも話あってくれるとうれしいですっ。



子どもの相手をするときは、必ず集中する

特に、携帯電話をしたりメールをしたりしながら子どもの話を聞くことはやめましょう。
また、台所に入りながらグチグチ子どもへの小言を言うのもNGです。
子どもの欲求不満をエスカレートさせてしまいます。

きっぱりとした態度も大切

3歳、4歳、5歳くらいになると「なんで?」「どうして?!」と聞いてきます。
そういう時期でもあり、いろんなことを知りたがりその理由や原因を聞くのが大好きです。

しかし、同時にわがままをいうことも多いです。
ママとしては、嫌がらせかなぁ?と思ってイライラしてしまいますよね 笑
こういう場合は「ダメなものはダメです!」と毅然とした態度でOKです。

えっ?とお思いになるかもしれませんが、子どもも単にわがままを言っているだけで、発した「なんで?」に意味なんてありません。
冷たい態度に思えるかもしれませんが「ダメなものはダメ!」ぴしゃりと言ってしまいましょう。

お金を物差しにしない

これは、ワタシの子育て中よく発してしまった言葉で…
「高いんだから、気を付けて持って!」なあんて子どもに注意していました。

ダメですよねっ。

高価なものでも安いものでも「モノは大切にする」ことが大事です。
値段が高い低いという物差しを使わないでいましょう。

子どもの世界に干渉しすぎない

多くの生活体験をとおして子どもが自ら学ぶことが大切な時期です。
子ども同士の遊びやけんかは、危険が伴わない限り見守るようにしましょう。

「甘えさせ=栄養」と「甘やかし=毒」

子どもはお母さんが大好きです。
そして、お母さんに、いっぱいワタシ(僕)を愛して!といつもいつも思っています。
そのお母さんへの愛は、途方もなく貪欲です。
貪欲な子ども愛情欲求は、親の愛情=「甘えさせる」で答えなければ解決できません。
子どもは、甘えさせてもらっていることで、「親から愛されている!」と安心するのです。

一方、親の愛情不足をモノやお金で補う、子どもとの駆け引きで解決する、子どもの言いなりになる…
これらは「甘やかし」の何ものでもありません。
その場限りをしのげても、子どもの成長にとって「」となるでしょう。

子どもは「人に迷惑をかけない」で生きることはできませんし、親に十分甘え、周りの大人に小さいな迷惑をいくつもかけながら成長します。
心の芯に「親からたっぷりもらった愛」を携えて多くの人や物事の力を借りながら、自分の心を保てるようになるのが「自立」です。
本サイトでくり返し書かせていただいていますね。

この幼児期に親の愛をたっぷり受けないと子どもは「自立」できないのです。
幼児期の「甘えさせ」は成長に必要なステップととらえましょう。



今大切なのは「知能=頭(脳)」を良くすること↓↓

 - 子育て中、親がするべきこと・気を付けること

  関連記事

no image
子どものテレビは時間を制限する

子どもにテレビを見せることは、とても注意が必要です。

no image
子どもの自主性・主体性を育む

子どもの自主性・主体性を育むためには、何事も「自由に決めさせ、自分らしさを育むこ …

no image
幼児期の兄弟(きょうだい・姉妹)喧嘩は見守ること

親というものは、きょうだい喧嘩を見ていると胸が苦しくなります

no image
子どもの食事のしつけで気を付けること

幼児期の子どもは、食事のマナーの前に、基本的な食事のしつけを身につけましょう。 …

no image
子どもの汚いことば、乱暴なことばの扱い方(対処方法)

「集団行動」の1つとして、友だちとの間だけで使われる「仲間同士のことば」があります。この「仲間同士のことば」は、時々、親から見ると汚いことばだったり乱暴なことばだったりする

no image
姿勢の悪い子どもにしない

最近、姿勢の悪い子どもが増えています。 皆さんはお子さんの姿勢を真横や広報から注 …

no image
気持ちよくあいさつができる子どもにする

気持ちよく挨拶(あいさつ)ができる子どもは、‎よい人間関係を築くことができます

no image
意欲的な子どもに育てる

意欲的な子どもってどのような子どもでしょうか。 国語辞書的な意味でいうと、「物事 …

no image
子どもに絵本を読み聞かせる

大人が読み聞かせしてくれる絵本を、子どもは、自然に記憶していきます。 子どもが眠 …

no image
幼児期の朝ごはんが大切にする

朝ご機嫌に目覚め、朝ごはんをしっかり食べる