Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

幼児期に頭と性格のいい子の土台を作るコツ

幼児期の子育ての中で大切なことをまとめています

*

子どもを上手に叱る

   

親が子どもを叱るのは、良い子にしたい・良いしつけをしたいと思うからですが、叱り方によっては逆効果になってしまうことがあります。
幼児期の子どもには、上手な叱り方が大切です。

また、叱る側と叱られる側の関係で一番大切なことは、信頼関係がきちんと育っていること。
親子だからといって、信頼関係がもれなくついてくるわけではありません。
日頃から話をよく聞いてもらっている子どもは、親に叱られも傷つきません。

特に、子どもの不注意や失敗に対し、決して感情的に叱ってはいけません。
もし、子どもが食事中に牛乳をこぼしてしまったら、あまりやかましく言わないで

「次から気を付けようね」

と言ってあげましょう。
親が寛容な気持ちで子どもに接すれば、子どもは失敗を恐れないで、意欲的に物事に取り組んでいけるようになるでしょう。

次に、具体的な上手な叱り方と失敗例を紹介します。


上手な叱り方って?

上手に叱るポイントは、子どものプライドを傷つけないことです。
子どもにプライド?とお思いになるかもしれませんが、親が思う以上に子どもはプライドが高いです。
なので、
「お兄ちゃんと比べてお前はダメだな」
「○○ちゃんはできているのにお前は出来ないな」

などは、決して言ってはいけません。
子どものプライドが傷ついてしまいます。
親は、子どもの心を傷つけないで、内容を具体的に指摘してあげればいいのです。

例えば、

「口に物が入っているときはお話はしないよー」
「外から帰ってきたら手を洗うよー」
「今日できなかったことは、次がんばろうね」

こんな風に、子どもにやって欲しいことだけを言ってください。
親が感情的に言うと、単純な注意でも叱ってることになります。

くり返しになりますが、ポイントは子どものプライドを傷つけないことです。
その他、具体例をいくつか紹介します。

・人格を否定しない
「あなたがしたことは悪い、でも、あなたは悪い子ではないと思うよ」
「この次は、失敗しないようにしようね」

・あなたは価値ある存在、と自覚させてあげる
「あなたはちゃんと考えることができる子だからこそ、ママは叱っているのよ」

・子どもの成長の過程を信じる
「この次は、どこが悪かったかを考えてやっていくと、きっとうまくいくと思うよ」

叱り方の失敗例

・事実を確認しない
話を聞かずに一方的に叱ったのでは子どもは納得せず、親への不信感がつのります。

・理由を聞かない
なぜ失敗したのか、悪いことをしたのかを考えさせない叱り方は、次の失敗を防ぐための学習につながりません。

・他の子どもと比較する
「○○ちゃんをみてごらんなさい」などは、子どもにとっては素直に受け入れにくいので避けましょう。

・叱りっぱなしにする、以前のことを持ち出して叱る
いつまでも許さない大人の態度や何度もも同じことを叱ると、子どもは、自分に対する自信や意欲がなくなります。

・その場で叱らない(後で叱る)、自信のない叱り方
過ちを起こしたときにすぐその場で叱らないと、子どもは切実には感じません。
子どもの顔色をうかがいながら、自信のない叱り方では効果がありません。

・叱らない例外をつくる
「今日だけよ」「今だけ」「ここだけ」など、親の都合で叱ったり叱らなかったりすると、子どもは何がよくて悪いのかの判断が身に付かなくなります。

・叱り方のワンパターン化
危険なことをしたとき、明らかに悪いことをしたとき、遊びのはずみで物を壊したり散らかしたりしたとき、どちらも鬼の形相で、時には体罰を伴って起こり散らかすのは、効果が期待できません。
命の大切さや人を傷つけることと物を壊すことの違いを、子どもに気づかせる機会も、奪うことになるでしょう。

 - 子育て中、親がするべきこと・気を付けること

  関連記事

no image
子どものテレビは時間を制限する

子どもにテレビを見せることは、とても注意が必要です。

no image
子どもの食事マナーをしつける

食事は家族がそろってごはんを食べる場だけでなく、食文化やマナーを伝える場でもあり …

no image
子どもの自主性・主体性を育む

子どもの自主性・主体性を育むためには、何事も「自由に決めさせ、自分らしさを育むこ …

no image
幼児期のしつけ

「しつけ」は、基本的生活習慣を通して進めていくことが大切

no image
「褒めてあげると子どは伸びる!」を実践する

褒めてあげると子どもはどんどん伸びていきます。

no image
子どもに絵本を読み聞かせる

大人が読み聞かせしてくれる絵本を、子どもは、自然に記憶していきます。 子どもが眠 …

no image
幼児期から英語(外国語)に慣れさせる

大学生に行ったアンケートの中で、「幼少期から外国語教育をしてほしかった」という声 …

no image
子どもの食事のしつけで気を付けること

幼児期の子どもは、食事のマナーの前に、基本的な食事のしつけを身につけましょう。 …

no image
子どもの汚いことば、乱暴なことばの扱い方(対処方法)

「集団行動」の1つとして、友だちとの間だけで使われる「仲間同士のことば」があります。この「仲間同士のことば」は、時々、親から見ると汚いことばだったり乱暴なことばだったりする

no image
幼児期の朝ごはんが大切にする

朝ご機嫌に目覚め、朝ごはんをしっかり食べる