Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

幼児期に頭と性格のいい子の土台を作るコツ

幼児期の子育ての中で大切なことをまとめています

*

3歳のはさみを使った遊び

      2016/06/08

3歳になり、幼稚園の年少クラスになると、はさみを使った遊びが盛んになります。
幼稚園では、それぞれの名前が書いたお道具箱があたえられ、ある程度、自分の判断で使用することができます。

そこで、幼稚園と同様に、家でもお道具箱を作ってみるといいでしょう。
お道具箱は、市販のものである必要はありません。

例えば、靴の空き箱など最適です。
しっかりとした作りであり、ふたの開け閉めがしやすいです。

我が家でも、お道具箱は靴の空き箱です!
靴のサイズがアップするたびに、少し大きくなるお道具箱。
こんなところでも子どもの成長がみれますねっ♪
そして、お道具箱の中身は、

  • はさみ
  • のり(やまとのり、スティックのりの両方)
  • クレヨン
  • 小麦粉粘土
  • 折り紙
  • 色鉛筆

約束ごとして、お道具箱は、子どもがきちんと整理して、自分で管理をします。
幼稚園でも整理整頓を学んでいきますので、家でも少しずつさせていきましょう。

お道具箱の中の道具を使って、親と遊び、勉強することは、幼児期にはとても大切です。
手の器用さだけでなく、創造力や想像力を育みます。

次に、はさみを使った遊びを紹介します。


はさみを使った遊び

 (1)チラシをどんどん切る

これは、とっても楽しい作業です。
どんどん切っちゃうよーっと言いながら、チラシを切ります。
そのうち、うちの子は、紙切り職人になるのでは?と思うくらい夢中になります 笑

スーパーのチラシなどでは、野菜や果物、肉やジュースなど、子どもたちが切った食材でお店屋さんごっこが始まります。
はさみを使い始めの子どもたちには最適な遊びです。

(2)ママが書いた絵をどんどん切る

こんな感じです。
・チラシに絵を書いて…
3歳はさみの遊び

 

・切ります!
3歳はさみの遊び

丸や三角、とげとげしたものや、野菜。
アンパンマンやバイキンマン(←ツノ?の部分がとっても難しいですね)。
数字などもいいですよね。

これらをチラシなどの柔らかい紙にサインペンで書いてあげます。

そして、ここがポイント。

書いた絵には、かわいい目やお口を付けてあげましょう。
それだけで、子どもたちのテンションはあがります。

ママが書くので、若干、気が引けるのですが…笑
やってみると楽しいですよ!
書く内容によっては、どんどんはさみが上達していきます。

(3)折り紙を使って切る
これは、折り紙を折って、切り、いろいろな模様を作ります。

・重ねて切るよー
3歳はさみの遊び

・広げると
3歳はさみの遊び

 

少し難しくない?と思っていたのですが、年少クラスが終盤になる頃には楽しんでやっています。
はさみの入れ方、折り方で出来上がりの模様が異なります。

図形の問題にもなって、楽しいようです。

 - 3歳ー4歳児(年少)の遊び、勉強

  関連記事

no image
3歳の数の教え方、数え方

生活の中に数を取り入れて、子どもに数を教えていきます。

no image
3歳児の自宅でのピアノの練習方法

ピアノ教室に通わせるのではなく、自宅だけでピアノの練習をさせることは難しくありません