Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

幼児期に頭と性格のいい子の土台を作るコツ

幼児期の子育ての中で大切なことをまとめています

*

4歳ー5歳児の数の教え方

   

4歳ー5歳児に数を教えるこは、実は、とても難しいです。
「3歳児の数の教え方、数え方」の記事で書いたとおり、幼児のこの時期は「数についての概念」を身につけていく必要があるからです。

一方、4歳、5歳になってくると、お母さんたちは子どもたちに「1+1は?」なあんて聞きたくなります。
そして、答えが正解だったりすると「うちの子はかしこいわぁ!」って大騒ぎ 笑
少し遠回りのように思える「数の概念」よりも、ぱっとわかるドリルに注意がいくのです。

しかし、このペーパー学習からはじめてしまうと、試行錯誤をして「数のイメージ」を体験することができません。

だからでしょうか、通っている幼児教室ではドリルは決してやりません。
ひたすら?!「5」の数字を繰り返します。

どうしてですか?と、通っている幼児教室の先生に尋ねてみました!
(これ、大事ですよー。子育てはタイミングよくですからっ)

先生の説明では、

例えば、5歳を過ぎてくると「1から100を数える」ことができる子どもが出てきます。
でも、4歳・5歳の時期は「5」までの「構成分解」が大切です。
この「5の構成分解」が理解できたら、5ができると、次は10、と発展していきます。

例えば、

6+7=13

を考える時に、

6は「5」と「1」、7は「5」と「2」
「5」と「5」で10、「1」と「2」で3だから、答えは、「13」

すごいですね。
数に慣れる目的プラス、なんだかこういった意図もありました。

また、100までの数を言える子どもが、100まで、または、5まで、10までの数の概念をしっかりと持っているかといえば、必ずしもそうではありません。
1、2、3、4 と指で追いながら数えた後、全部でいくつだった?と聞くと
「???」となってはいませんか。

こういった数の概念は、実際に体験したり試行錯誤して悩んだりして身について行きます。
決して、ドリルでは育まれないのです。

幸運?!なことに、4歳・5歳時期の子どもたちは好奇心が旺盛です。
「数」への興味や関心も高くなり「面白そう」「楽しそう」と感じ、学びたいと思うので、是非!日常の中で数に触れさせてあげましょう。

数の概念が形成されると、次に「数の等分(将来の分数の考え方)」や「数の対応(将来の掛け算の考え方)」にスムーズに入っていけます。
つまり、半分(2等分)、3等分、など言葉を理解することができ、さらに、そのイメージを描くことができます。
まずは、数の概念をきちんと理解させてあげましょう。

次に、数の概念を成長させるポイントを紹介していきます。


 

日常の中で数を意識させる

日常の中に数はたくさんあります。

  • お母さんにクッキーを2つちょうだい
  • お箸とコップを人数分だしてくれる?
  • おせんべいとチョコレートを同じになるようにみんなで分けてね

身近な生活にある数に気づかせる

  • 電話番号、カレンダー、時計、階数表示
  • トランプ遊び

階数表示ですが、ショッピングセンターなどの階段が楽しいですね。
場所にもよると思いますが、例えば、2階と3階の間に、「2」スラッシュ「3」とあります。
「3」が上に書かれているため、子どもはか…

上に上がると3階だねぇ、下に降りると2階だね

と、2と3のイメージがしやすいです。
大きさの比較にも役立ちますね。

数を声に出して一緒に数える

これは、なんでも声に出す!ということです。
Eテレの番組のコーナーにもありますね。
数をかぞえている子どもたちの目はキラキラですっ。

幼児期の子どもにとって、リズミカルに声を出して数をかぞえることは、歌をうたう、ダンスをすることと同じだと感じます。
楽しい!と感じながら数に親しめているのです。
こんな工夫もしてみましょう。

  •  数を逆さから数える(10・・・・4,3,2,1,0)
  • たくさん数れるよう、5からor10から数えてみる
  • いろいろな数え方(ひい、ふう、みい、よー)をしてみる

あと、必ず「0」(れい、ゼロではばくレイと読みます)も入れましょう。
なんにも無い!というイメージを持つことも重要です。

数の集合を知る

数ぼ固まりを直観的にとらえることです。

数の概念

これは、4歳5歳クラスの幼児教室で使用しているテキストです。
左のリスの絵を見て、直観的にパッと「5」と答えれることが大事です。
もう少しすると、最大左右で5ずつ、全部で10までを直観的に答えさせます。
手の構成と同じですね。

この授業でも、先生に質問したのですが…
パッと直観的に答えれることが今後の学習につながると断言していました。
今は、数ですが、図形でも同じことだと。
そして、最後に先生はおっしゃいました。
だまされたと思って訓練し続けてください!」と 笑

なるほど。

本当のところは、なるほどと理解できていないお母さん方が多かったのですが 笑
数の概念が大事だということ、それは決してドリルでは補えない訓練だということです。

5歳児だと「7」までの数の構成を理解でとどめていいでしょう。

 

数を比較する

形や色、位置が変わっても数は変わらない!をイメージできるようにします。
子どもは、大きい方が数が多いのでは?と思ってしまいます。
積み木やブロックを使って、同じ数になっているモノを数えてみましょう。

数の順序数、順番を意識させる

幼児期では、大・小(多・少)など比較の言葉に親しみましょう。

  • ~番目に大きい(小さい)
  • ~番目に多い(少ない)
  • ~より多い(少ない)
  • ~より高い(低い)
  • ~より太い(細い)

その他、味覚の薄い(濃い)、気温の暑い(寒い)などの比較ことばもどんどん取り入れましょう。

数の概念

数の概念

これは、長さを比べています。
同じ大きさのおはじきを使って比べています。

数の概念

コップに入ったジュースを比べます。
入れ物が違うと比べれません。
同じコップに入れ替えて比べてみます。

数の概念

次は木の太さを比べます。
日常生活で、いろいろな比較ができますね。
おやつの時間など、お子さんと楽しみながら数や単位に親しむといいでしょう。

サイコロに親しむ

サイコロ遊びは、実は、数の訓練になります。

  1. 「●」の数を見て、パッと数字がわかること
  2. サイコロ2個のサイコロを振って、その合計がパッと直観的にわかること
  3. サイコロを振り、表目を見て裏の目を推理できること

3つ目の前に、サイコロの裏と表の関係(合わせて7になること)を理解できないとなりませんが、すぐに気づくでしょう。

ここでも、「●」を見てパッと足し算するが出てきますね。

自分ひとりでは不安や迷いがある方へ

お母さんは、毎日の子育ての中で、子どもにいろいろなことに興味を持たせ、たくさんの刺激を与えています。
そうすることで、子どもは、語彙を増やしたり指先を器用にしたり、空間認識力を高めたりしています。
今回の記事で紹介した、「数の概念」を成長させる力もお母さんの接し方によるものです。
自分1人では、不安や迷いがある方は、プロの力(幼児教室など)を借りてもいいですね。
いろいろな子育てのヒントを得ることができるはずです。

興味のある方は、資料の請求や無料体験に参加されてはいかがでしょうか?

幼児教室の新規開校の時期

幼児教室は、1年間で前期、後期と分かれます。
前期の開校時期は、2月、3月、4月、5月が多く、後期の開校時期は、8月、9月、10月が多いようです。
ただ…教室ごとに異なりますので、検討されている幼児教室へ早めに確認してみてください。

また、この時期、無料で体験することができる教室があります。

興味のある方は、ぜひ、体験レッスンに申し込みしてはいかがでしょうか?

↓↓今大切なのは「知能=頭(脳)」を良くすること、を実践している幼児教室は、こちら↓↓


・こちらも、今なら、無料体験ができる教室です↓↓
いまなら体験無料【めばえ教室】
・自分でまなぶ力が育つ〈こどもちゃれんじ〉↓↓
しまじろうと一緒に豊かな体験を<こどもちゃれんじ>
・こどもを伸ばす5つのちから、無料体験できる教室です!↓↓
  ※資料請求だけでもきっと、子育てのヒントにつながるはずですっ
どんちゃか幼児教室

 - 4歳ー5歳児(年中)の就学前に伸ばしたいこと(遊び、勉強)

  関連記事

no image
4歳ー5歳、地図を見せて空間の概念を身につける

「空間の概念」とは、身近な例でいうと地図を見れる、地図を書けることです。 4歳ー …

no image
4歳が書く文字

4歳が書く文字はどんなものか?他の子どもは?

no image
物日を教える

物日(モノビと読みます)とは、辞書をひくと「祝い事や祭りなどが行われる日。」とあ …

no image
4歳児の自宅でのピアノの練習方法

4歳児の自宅でのピアノの練習方法のポイントは、やはり、生活の中にピアノを弾く(触れる?!)環境を親が作ってあげることです

no image
4歳ー5歳児に文字や数字の書かせ方

虫食いにした歌を完成させたり、順序立てた数を書かせたりして、クイズ形式で教えています

no image
人に伝える力を養う

4歳ー5歳児との会話はとても楽しいものですが、まだまだ人に伝える力が完璧とはいえ …

no image
4歳ー5歳、積み木を使って立体の構成力を養う

幼児期の子どもに与える積み木は、月齢ごとに変化させましょう。 通っていた幼児教室 …

no image
4歳ー5歳、指先の訓練をしながら学べること

次のスップとして、指先の運動と訓練をしながらモノの構成や配列を学ばせましょう