Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

幼児期に頭と性格のいい子の土台を作るコツ

幼児期の子育ての中で大切なことをまとめています

*

5歳ー6歳児のリズムに合わせて動く(ジャンプ、ケンケン)方法

   

リズムに合わせて動く方法やコツといえば、リトミック教室を思い浮かべます。
そして、私自身、リトミックは幼児教育の土台として、本当にいいものだと思います。

リトミック=音楽を聴いて身体を動かす だけ…
と思われがちですが、リズム感というのは、あらゆる運動に必要なのです。

例えば、
野球のスイングでは、1と2とで振るよー
大縄跳びに入るタイミングは、リズムでとるよー
両足ジャンプは、トン、トン、トン、だよー

こういった、「」をとるのが下手な一流アスリートはいるでしょうか?
決していません。

そして、実は、リズム感を「間」と表現するとわかりやすいのですが、人との会話にも「間」が必要です。
話すタイミングが悪いと、「間」が悪いな、となりますね。
リズム感を養うことは、運動能力だけでなくコミュニケーション能力の土台になっています。

そこで、今回の記事では、リトミック教室を紹介するのではなく、リズムに合わせて動いたときに、

あれ?うちの子、リズムに合ってない?
あれ?うちの子、他のお子さんと比べるとダラダラ動いているように見える?
あれあれ?うちの子、リズムに合っていないどころが、先生の動きをマネっこできない!

と思われるお母様方に、その原因の1つである「頭で理解できていることが身体で表せない」を紹介します。
原因の1つと書きましたが、ほとんどの原因がこれだと思います。

お子さん1人ひとり、個性がありますので、お子さんの性格を考慮しつつ実践してみてください。


頭で理解できていることが身体で表せない

お子さんが、リズム感がないなぁ…と思われているお母さま。
イライラしているのではないでしょうか。
なんで出来ないの!を通り越して、ふざけているの?ヤル気がないの?なんて思ってしまいまいます。

私もそう思っていました。

しかし、ある日、気が付いたのです。
息子は、実は、本当に出来ないのではないか…と 笑

5歳、6歳の年長さんになると、片足ジャンプ、両足ジャンプ、ケンケンパーなどの動きはできてしまうでしょう。
そう、できてしまうものです。

それなのに、曲が始まり、先生が動き出し、その先生のマネッこ体操をするとなると、全くもってできなくなるから、「ふざけてるの?」と思ってしまったのです。
息子につらくあたったようなぁ…反省です。

実は、頭で理解できていることが身体で表すことは本当に難しいのです。
例えば、お子さんに
右手を肩の高さでまっすぐに伸ばしてーと言って、きちんと伸ばせるでしょうか。
これが完璧にできる人は、きっと一流アスリートになるのでしょうね。
(と、武井壮さんが言っていました!)

1つずつ克服していきましょう。
音楽に合わせてグージャンプをすることの課題は、

  • リズムに合わせる
  • 膝をしっかり屈伸→伸ばす
  • つま先で飛ぶ
  • 上半身もしっかり動く

です。

グージャンプひとつでも、この4つを克服しないと、リズムよくグージャンプが出来る!につながりません。
(ちなみに、小学校受験での定番の課題でもありますよー)

こんな感じで進めていきます。

  • お母さんは手拍子で1,2,1,2、とリズムをとる
  • お子さんは手は腰でリズムに合わせて膝を屈伸する

ここまででのポイントは、お子さんの膝はきちんと屈伸できていることと、膝を曲げる→伸ばすがリズムに合っているかどうかです。
膝の曲げる→伸ばすは、最初のつまずきです。

できない場合、お母さんはお子さんの腰に手をあて、リズムに合わせて、腰を落とす→腰を上げるをしましょう。
強制的に腰を落とすことで、お子さんに膝を曲げる→伸ばすのイメージが付き、リズムに合わせて屈伸ができるようになります。

出来るようになると、次は、

  • お母さんは手拍子で1,2,1,2、とリズムをとる
  • お子さんは手は下に伸ばしてリズムに合わせてグージャンプをする
  • つま先で飛ぶ

です。
前段階をしっかりと行い、イメージができていると、すぐにリズムに合わせてグージャンプができます。
びっくりです!
やはり、息子は、グージャンプがどんなものかを身体で表せなかったのです…

次に、上半身もしっかり動く!です。
する上半身はしなやかに動かすことで、グージャンプを身体全体で行うことができます。
上半身を使っいてる、使っていないは、お子さんにはイメージがしづらいところです。

ポイントは、下に伸ばした手を肘をかるく曲げるような感じでリズムを取り、上半身も上にジャンプさせることです。

ここまでクリアして、初めてリズムに合わせてグージャンプができた!になります。

いかがでしょうか?
まずは、お子さんに正しい動きをイメージさせて、お母さんが手伝いつつ実践することが大切です。
説明だけでは、難しいですね。

このグージャンプを基本として、いろいろな動きに挑戦してみてください。



今大切なのは「知能=頭(脳)」を良くすること↓↓

 - 5歳ー6歳児(年長)の就学前に伸ばしたいこと(遊び、勉強)

  関連記事

no image
5歳ー6歳の喧嘩(けんか)

年長にあがり、5歳を過ぎてくると、子ども達は「けんか」からたくさんのことを学ぶこ …

no image
空間認識の育み方

空間とは、方向や位置のことを言います。 幼児期の空間認識の理解には、順序がありま …

no image
5歳ー6歳児の文字に親しむ遊び方

年長になり、幼稚園によっては「あいうえお」のかきかたを始めるようになってきます。 …

no image
形の分解・合成の教え方

いろいろな形の分解と合成は、「気づくこと」がポイントです。 どれだけ瞬時にヒラメ …

no image
小学校入学の準備

小学生に上がる前に子どもが身につけなければならないことは、次の3つです。

no image
「量」の感覚の育み方

「量」の感覚を育むことは、机上だけではできません。 たとえば、おやつの時間に、 …

no image
「反対ことば」を使って語い力を育む

5歳ー6歳の月齢は、言葉をどんどん吸収していく時期です。 そこで、「反対ことば」 …

no image
「数の論理能力」を育てる

「数の論理能力」とは、計算能力だけでなく、規則性やきまりを自らの力で発見する創造 …

no image
俳句を使って、表現力を育む

俳句?と思われるかもしれませんが、俳句に親しむことは、幼児期の子どもにはもってこ …

no image
5歳ー6歳児のトランプ遊び

トランプ遊びは、世界でもっと有名なカードゲームです! そして、「トランプ」は、子 …