Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

幼児期に頭と性格のいい子の土台を作るコツ

幼児期の子育ての中で大切なことをまとめています

*

2歳の喧嘩(けんか)の対処方法

   

2歳児の喧嘩(けんか)の対処方法は、大人が「見守ること」です。

なぜなら、子どもは「けんかをしながら育っていく」からです。
「けんかしながら、何を?!学ぶんだ」と、ワタシも??でした。

しかし、2歳児は、けんかを通して、確実に社会性を身につけていきます。

まずは、2歳児のけんかの特徴を知りましょう。


けんかの主な原因

  1. 遊び道具や場所の奪いあい
  2. 遊具の順番争い
  3. 言葉が足りない
  4. 手が出てしまう

言葉がうまく話せない2歳ごろは、多くの場合、どちらか一方の子が泣き出して争いが終わることになります。
そして、年齢が低ければ低いほど、けんかには、ひっかいたり、かみついたりすることが多くみられます。
これは、ことばの発達が未熟で、自分の感情をコントロールする能力が育っていないため、つい手が出てしまうのです。
かみつく・ひっかくは危険が伴いますので、この場合、物理的に子ども同士を引き離すことも大切です。

自分の子が泣き出したり(または、お友達を泣かせてしまったり…)することは、ママとしては、ココロがヤキモキするのですが、けんかが始まっても、あわてて止めずに、多少のことは人との関わり方の学習と思って温かく見守りましょう。

この時期、基本的に口を出さないことが原則です。
そして、親同士の了解や我慢が必要です。

では、親同士の了解とはどういったものでしょうか。

けんかのルールは、親同士の了解のうえで

  1. けんかはどちらかが泣いたらおしまいにする
  2. けんかは、素手でする
  3. けんかをするなら1対1

など、親同士でルールを共有していると安心です。

逆に、このような親同士の了解がない状態だと、親はストレスがたまります。

ワタシも経験があるのですが、けんかのルールを無視している子どもに対し、全く注意をしないママがいました。
そのママの立ち姿を見るだけで、ストレスがたまります。
親はストレス、子どもは…恐怖です。

そのため、ワタシ達親子は、このような親子が近寄ってくると、逃げていました 笑

公園など、社会性を学ばせたい環境下では、同じ気持ちを持ったママだけがいるとは限らないのです。
だからといって、子どもを家で閉じ困らせるわけにはいきません。

実は、幼稚園にあがって知り合ったママさんの中で、上記理由で、「子どもを一切、公園に連れて行かなかった」とおっしゃってたママがいました。
正直、ありえない!ですよねっ。

子どもにとっては、必要な社交場であった公園をママ都合で与えなかったのですから。
子どもに社会性を発達させるのも一苦労です…

いろいろな意味で、2歳児のけんかは、親も一緒に成長していかなければなりません。
例えば、砂場では、よその子が自分の子どものおもちゃを「かしてー」と言ってサクッと借りたりします。
ひどい時には、何も言わずに取ったりします。

納得いかないですよねー、親も子もっ。
だって、見ず知らずの人に、黙って物を借りるなんて!大人の世界では通用しませんからっ 笑

しかし、親として、子どもの争い事を見守る!とココロを決めると、ストレスがなくなるのです。
そして、こう、子どもに声をかけるようになります。(←きっとなれるハズ!、ちなみにワタシは半年くらいかかったようなぁ… 笑)

「○○ちゃん、どれかお友だちに貸してあげれば?」
「一緒にあーそーぼっ!」

素敵な社交場の砂場に大変身ですねっ 笑

こんな感じで親も一緒に成長できると楽しい子育てになりますっ♪

≪お子さまの心を育てたいお母さま≫
0歳から3歳までの親子教室で、たった1000円で育児勉強会と体験レッスン(全2回コース)を受けれる教室があります。

興味のある方は、ぜひ、体験レッスンに申し込みしてはいかがでしょうか?
※ただ今、キャンペーンにつき、今なら無料で育児勉強会と体験レッスン(全2回コース)に参加できます!↓↓
※キャンペーンが終了している場合がございますので、期間、実施なようにつきましては、公式ページ内にてご確認ください。

↓0歳から楽しくIQ140を目指す教室は、こちら↓

 - ▶2歳の基本的生活習慣, 社会性を発達させる

Message

  関連記事

no image
2歳児の服の着せ方、脱がせ方

洋服の脱着衣は、2歳児の基本的な生活習慣の1つです

no image
2歳児の昼ごはん

2歳児の昼ごはんは時間との勝負です! なぜなら、外遊びの後のお昼ごはんだからです …

no image
2歳児のしつけ

2歳児にとってのしつけは、これら6つの基本的生活を習慣づけていくことが目標となります。

no image
2歳児は、夜時7になったら寝かしつける

夜7時に寝室へ行くという行為がポイントです。なぜなら、夜7時にお布団に入れば、ママの心に余裕ができるからです。

no image
2歳の洗面、うがい・歯磨き・入浴

2歳になると、自立の生活習慣の中に「洗面・うがい・歯磨き」さらには「入浴」がでてきます。

no image
3歳がつく嘘(うそ)

3歳児が嘘をつく時には理由があります。

no image
2歳児におこりやすい危険、事故

2歳児にとって、家の中でも外でも、危険がいっぱいです。

no image
3歳の喧嘩(けんか)の対処方法

3歳児は、集団生活でのぶつかり合いを通して、友だちとの付き合い方や遊びのルールを学んでいきます

no image
5歳ー6歳の喧嘩(けんか)

年長にあがり、5歳を過ぎてくると、子ども達は「けんか」からたくさんのことを学ぶこ …

no image
2歳児の寝かしつけ

2歳児の寝かしつけは、ちょこっとコツが必要です。 子どものココロが成長し、眠いけ …