Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

幼児期に頭と性格のいい子の土台を作るコツ

幼児期の子育ての中で大切なことをまとめています

*

小学校受験のために必要なものとしてそろえた物

   

小学校受験といっても、我が家が受験をした学校は都内の国立大学附属小学校です。
そのため?!、某ブランド名が付くような洋服や小物は揃えませんでした。
根本理由として、受験先の国立大学附属小学校の先生方はお忙しいのですっ。
子どもの服装、ましては、お母様の服装をジロジロと見定めする時間なんてありません。

と、おっしゃった先生がいました 笑

その通りですね。
実際、受験を終えて1つ、服装について後悔したことがあります。
アノ!都市伝説のような事を実践してしまったことです。

それは、

半そで+半ズボン+ベスト

で受験に望まないなんて、信じられない!という伝説です。
幼稚園ではインフルエンザが流行り、合わせて1カ月近くも学級閉鎖や学園閉鎖が続いた寒いさむい季節。
しかも、通勤ラッシュを避けるため、集合時間1時間前に最寄駅に到着させ、朝の8時から9時まで外で過ごさせてしまったことを後悔しています。

信じられませんが、本当の話です。
皆さんも、こんな都市伝説を信じずに、季節や気温、時間に合わせた格好をさせてあげましょうね。

話が少しそれました!
次に、ワタシが実際に揃えた小学校受験に必要なものをご紹介します。
都市伝説的にそろえたもの、やっぱり、いらなかったもの、これは重宝したものとコメントもしています。
ご参考ください。

服装

  • 半そでの白のポロシャツ(120サイズの幼稚園のものを使用)
  • グレーの半ズボン(ミキハウス/MIKIHOUSEの130サイズ)
  • 娘の場合は、同じくグレーのスカートズボン(ミキハウス/MIKIHOUSEの130サイズ)
  • 紺のベスト(130サイズの綿100%のもの)

見事に模範的?!なモノを用意しました 笑
コメントをすると…

(サイズ)
サイズは120サイズにしましょう。
つい、大きいサイズを買ってしまいました。
ありえません…
気を付けてくださいねっ。
決して、小学校になってからも使おう!と考えてはいけません。
120サイズでジャストサイズなら、120サイズを買います。

(ベスト)
ベストですが、こちらは綿100%でよかったと思います。

(半そで、半ズボン)
問題は、半そでポロシャツに半ズボン。
半そでは、長袖でよかったと思います。
ただし、袖丈はぴったりなもの。
なかなか無いですよね…長袖だと。
思い切ってサイズダウンでもいいかもしれません。
肩のところがきつそうに見えますが、本人は問題なければOKです。
ベストを着せることで、スタイルよく見えるはずです。

ズボンは、難しい選択です。
大人なら、半ズボンから長いのへと着替えれたり、ブランケットをスマートに使えたりできます。
幼稚園児には無理です…
なので、ストレッチのきいたスリムタイプのズボンでいいのでは?と思います。
もちろん、色は紺orグレーで。
本当にクマ歩きができるの?と思いますが、できます!

重要なのは、お子さんが寒さに負けて元気に活動できないことです。
もしかしたら、会場で長いズボンを履いていたのがお子さんだけかもしれません。
そうであっても、国立大学附属小学校の先生方は気にしません。
先生方は、優秀なお子さんを見つけることに集中されているはずです。
寒さで本来のお子さんらしさが出ないなんで…後悔ですよね。

★ただし…★
考査する室内は、もちろん暖房がきいています。
だから、半そで+半ズボンでも大丈夫!ともいえます。

あくまでも、ワタシの経験談コメントですので、ご自身でご判断ください。

(ズボン・スカートの色)
こちらは、グレーにしました。
とってもセンスよく素敵です。
ただ、ミキハウス/MIKIHOUSEのもは、ウールで素肌の部分(太ももとか腰回り)がチクチクすると息子は嫌っていました。
つい、ズボンくらい高価なモノを!と思ってしまった母ココロで選んだもの 笑
やはり、綿100%のサラリとしたものがよかったと思います。

でも、本当に素敵な色で、見た目はバッチリでしたっ。

小物

こちらも基本的なモノですね。
服装として身に付けるモノも、とても大切です。
ハンカチやティッシュの扱い方は、行動観察として見られています。
行動観察が全てだ!とおっしゃる幼児教室の先生方もいらっしゃいますから、毎日の訓練が大切ですっ。

  • 移動ポケット(付けポケット)+ハンカチ、ティッシュ(専門店で購入。本当に使いやすかったです)
  • レッスンバック(紺の手作り、30センチ×40センチ)
  • シューズ入れ(白ベースの手作り)

(移動ポケット)
移動ポケットはあった方がいいですね。
夏くらいまでは、ワタシの手作りのモノを持たせていましたが、夏休みが明けた頃に受験の服装に合うものを購入しました。
もし、手作りをされる場合は、紺など無地でシンプルなものがいいでしょう。
また、市販のものはサイズが大きい気がします。
身長110cmちょっとの子どもには、もう一回り小さいものがいいですね。
ハンカチの出し入れもしやすく工夫してあげましょう。

ワタシが購入したものは、いい感じでした。

移動ポケット1移動ポケット2
特に、ハンカチがサクッと出し入れできるところがよかったです。
よかったら、参考までに♪(おすすめ♪移動ポケット(付けポケット)

当日に必要なモノ

こちらは、お母さまのバックに必要だと思ったモノです。
心配症のワタシの場合は、本当に中身が大変なことになっていました 笑
なんとか、厳選して書きますので、ご参考ください。

  • 水筒に水(少しぬるめにしました)をいれたもの
  • 小さなおやつ(ハイチュウのようなもの)
  • 絵本
  • 筆記用具、メモ
  • 子どもの着替え(雨の日は絶対に必要です)
  • ホッカイロ
  • エコバック
  • ばんそうこう
  • 受験票(あたり前ですねーー)
  • 外靴を入れる袋(基本的に、ママが管理します)

コートも子どものモノも合わせて持っていましたので、カバンは大きくなります。
雨の日だと大変ですね。
我が家は、寒いだけが大変で、雨、そして雪とはなりませんでした。
これから、願書の配布や説明会、と続きます。
どうぞ、風邪などひかないようお過ごしください。

 - 都内国立附属小学校受験の体験談

  関連記事

no image
都内の国立附属小学校に合格するために必要なこと

都内だけでなく、すべての国立附属小学校にも言えるのかもしれませんが…国立附属小学 …