Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

幼児期に頭と性格のいい子の土台を作るコツ

幼児期の子育ての中で大切なことをまとめています

*

2歳児向け授業 | 言葉をしっかりと話す | 指人形

   

指人形を使って、子どもたちは楽しみながら、言葉をはっきり、しっかりとお話をしていく授業です。

未就学時のクラスでの一番最初の授業でしたが…

「2歳2か月」の子どもと「2歳10か月」の子どもとでは、言葉をはっきり、しっかりという意味では差がでていました。

 

2歳という年齢は、数か月の月齢の差でかなりの成長差がみられます。

息子・娘が通ったクラスの場合、彼らが一番下で、上は、4月生まれの女の子がいました。

 

その差、8か月です。

つまり、この授業から2か月後には、3歳になる女の子と、約2か月前にやっと2歳になったばかりの子が一緒のクラスで授業を受けているのです。

どうかなぁ?、迷惑にならないかなぁ…って心配だったのですが、親の気持ちなんて子どもは気にしません 笑

とっても集中して学んでた(実際は遊んでいた!でしょうけど)と思います。

 

この、2歳のすこやかコースでは、息子・娘にとって刺激がいっぱいありました。

通ってよかったなぁと心から思っています。

 

授業では、指人形を使ってあいさつなど日常使うことばを楽しみました。

指人形は父・母・兄・姉・赤ちゃんと5種類あるため、指を使って家族や人とのかかわりを学びます。

 

また、指の名前は、

おやゆび、人差し指、中指、薬指、小指ではなく、

お父さん指、お母さん指、お兄さん指、お姉さん指、赤ちゃん指と統一しました。

(お受験では、前者の呼び方が正しいようです)

 

なるほど。

統一が大事ですね。

 

ちなみに、我が家では、

  • お兄さん指、お姉さん指→息子・娘の指
  • 赤ちゃん指→まー指(いとこの赤ちゃんの名前)

 

と読んでいます。

 

これは、実はいいことでした!

5本指を通して、家族の構成を学んでいるのです。

 

なるほど。

2歳の子どもにとって、赤ちゃんは自分よりも弟・妹だときちんと認識できているのです。

 

とっても身近な指遊びで学べるのはいいですねっ!

 

・子どもの指の大きさがぴったりの指人形です指人形

また、この教材の指人形は、防水性があります。

なので、我が家では、お風呂で遊ばせました。

お風呂場は、リラックスでき親子の会話もはずみます。

この指人形を使って、どんどん会話をすすめてみるのもいいのではないでしょうか。

 

・ちょこんと取り外しができるようになっています。

指人形

・でっぱっている部分に人形を戻してみます…

指人形

 

指人形をここにはめ込む作業は、2歳児にとって難しい作業でした。

 

 

 

以下、教具使用手引き(家庭用)より-
・ねらい

  • 日常のあいさつになれる
  • 家族や人とのかかわりを知る
  • 言葉と指の動きを合わせることを学ぶ。

 

使い方

(1)あいさつができるようにしましょう

「おはようございます」「こんにちは」「ありがとうございます」「ごめんなさい」など。

あいさつを使って指人形あそびをしましょう。

 

できてもできなくても、使うことで覚えていきます。

やかましく訂正ばかりせずに、楽しい雰囲気で遊びましょう。

 

人形を1つ子どもに遊ばせます。

お母さんも一つはめてください。

まず、動かしてみましょう。

人形が動くと面白がります。

いっしょに「こんにちは」を言って、人形でおじぎをします。

 

(2)歌いながら人形を動かしましょう。

子どもの好きな歌を歌いながら、メロディーに合わせて人形を動かしてみましょう。

人形を動かすというより、自分自信が踊りだすかもしれません。

 

 

・発展と関連

(1)絵本を読んであげましょう
絵本を読んであげるとき、「今日はね、お父さんがお話をしてくれますよ」とお父さん人形を使って読んであげましょう。

 

(2)親子で「ごっこ遊び」をしましょう
日常のできごとなどを話題にしながら、お子さんと「ごっこ遊び」をしてあげましょう。

ごっこ遊びを通して、社会性や表現力が身につきます。

 

遊びを知ることは、友達と遊ぶときのきっかけになりますし、遊びを発展させるための大切な基礎づくりといえます。

 

この頃はまだ、言葉は二語文程度ですから、ゆっくり聞いて、ゆっくり話すことを心がけましょう。
言葉がたどたどしくても、お母さんといっしょという安心感がこれからの言葉を育ててます。

 - ワタシの幼児教室体験談, 2歳児クラスの体験談(未就学児)

  関連記事

no image
3歳児向け授業 | 工作して遊ぶ | 紙工作セット

はさみとのりを使って楽しく工作をして遊ぶ

no image
2歳児向け授業 | 素材の感触を楽しむ | タオルサイコロ、○△□のうた

授業では、タオル生地でできたサイコロを使って、○△□(丸三角四角)、赤青黄の形色 …

no image
2歳児向け知的発達診断の実施

いわゆるIQを数値化した結果を公表するのではなく、5段階評価で診断結果を公表します

no image
3歳児向け授業 | 指先を器用に・数に親しむ | 5色チップ

5色のチップを棒にさしこんだり、紐に通すことで、遊びながら指先を器用にする

no image
3歳児にいろいろなルールを教える授業 | 桃太郎迷路

3歳~4歳になると、社会のルールを学んでいくこと

no image
3歳児向け授業 | 一日のルールを学ぶ | ‌一日のあいさつ

朝起きてから夜寝るまでの一日の過ごし方とその時々であいさつがかわること(ルール)

no image
3歳児向け授業 | 丸・三角・四角の形に慣れさせる | 形チップ

○△□、大中小という図形の形、大きさのウレタンを使って、形や大きさの違いに触れる

no image
3歳児向け授業 | 工作して遊ぶ | 工作セット(2回目)

のりの使いかは、まだまだ量の加減が難しい

no image
3歳児向け授業 | 指先を器用に・語いを増やす | パクパク人形

パペット?のような親子の犬を使って、指先を器用にしたり、言葉の数を増やします

no image
3歳児向け授業 | 想像して楽しむ | ことばさがし

見開き1枚に書かれている絵を見て、どんな音かな?どんな状況かな?と言葉をひろっていく授業です。そして、最後の授業です。