Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

幼児期に頭と性格のいい子の土台を作るコツ

幼児期の子育ての中で大切なことをまとめています

*

「時間」の感覚の育み方

   

「時間」の感覚は、語い(ことば)も増え、難しいことばを話すようになってきた5歳、6歳児でもなかな身に付けることは難しいです。

たとえば、
未来のことは「明日」、過去のことは1カ月前でもさらには1年前でも「さっき」「昨日」などと表現してしまいます。
時間軸が混ざってる表現もあります。

我が家の子どもも、
「ねえ、おかあさん! さっき行った海 楽しかったねー」と3か月前の話を目をキラキラさせて話だしたりしていました。

かわいいさかりですね。

このように、幼児期では時間をおおざっぱにとらえることが多いです。
学童期に入ってからは、このような「時間の感覚」のない子どもにみられるのが、約束がうまくできないことです。
遊ぶ約束をしていても、お互いに何時間も家で待っている、帰る時間が感覚的につかめないため、時間になっても帰らない、などです。

こちらも経験があります。
スマホも時計も持っていない子どもが、お友だちと時間を決めて約束してくると、親は心配になります。

時間を読めるようになることはとても大事なことですが、まずは、「時間」の感覚を育むよう努めましょう。



時間を表すことばを日常会話に入れる

お子さんとの日常会話に中で、

  • 朝、昼、夜
  • 午前、午後
  • 昨日、今日、明日
  • 先週、今週、来週
  • 去年、今年、来年

など、時間を表すことばを使いましょう。
どういう意味?と質問をされたら、子どもが理解できるように伝えます。

明日の次は?など、質問が出てきたら「やったー!」ですね。
うちの子、天才!と思う瞬間です。
どんどん説明をしてあげて、時間感覚と一緒に、語いを増やしていきます。

  • 前の週の日曜日、次の週の日曜日

どんどん、時間軸を増やします。
「数」感覚が身に付いてきた時期に、

  • 10日前、10日後
  • 5年前、5年後

などの「時間」の感覚も理解できてきます。

短い時間の感覚を身に付ける

短い時間とは、だいたい5分から10分くらいです。

「10分たったら片付けるよー」
「お風呂の時間は10分間でよ」
「5分したら出かけるよ」
「あと1分で5時になるね」

など。
毎日の本の読み聞かせも10分と決めて約束を守ると「時間」感覚を育むこともおすすめです。

5分から10分くらいの時間がどの程度の時間なのかを体験の中から学ばせます。
幼児期に必要な体験ですね。
この「時間」感覚も決して机上では学べませんね。

小学1,2年生でも、まだまだ難しい表現ですが、100年前の時間感覚を具体的にイメージできる子は、いろいろな点で強味ですね。
学童期の机上勉強もスムーズに進めます。

 - 5歳ー6歳児(年長)の就学前に伸ばしたいこと(遊び、勉強)

  関連記事

no image
「数の論理能力」を育てる

「数の論理能力」とは、計算能力だけでなく、規則性やきまりを自らの力で発見する創造 …

no image
5歳ー6歳児のトランプ遊び

トランプ遊びは、世界でもっと有名なカードゲームです! そして、「トランプ」は、子 …

no image
5歳ー6歳児の文字に親しむ遊び方

年長になり、幼稚園によっては「あいうえお」のかきかたを始めるようになってきます。 …

no image
俳句を使って、表現力を育む

いろいろな言葉が耳に入ってくる幼児期は、言葉の表現力を豊かにしていく時期です。 …

no image
5歳ー6歳の喧嘩(けんか)

年長にあがり、5歳を過ぎてくると、子ども達は「けんか」からたくさんのことを学ぶこ …

no image
5歳ー6歳児のリズムに合わせて動く(ジャンプ、ケンケン)方法

リズムに合わせて動く方法やコツといえば、リトミック教室を思い浮かべます。 そして …

no image
理科的な興味と常識を学ばせる

2018年現在、小学校1,2年生では「理科」とい教科はありません。 正確には、「 …

no image
小学校入学の準備

小学生に上がる前に子どもが身につけなければならないことは、次の3つです。

no image
形の分解・合成の教え方

いろいろな形の分解と合成は、「気づくこと」がポイントです。 どれだけ瞬時にヒラメ …

no image
「反対ことば」を使って語い力を育む

5歳ー6歳の月齢は、言葉をどんどん吸収していく時期です。 そこで、「反対ことば」 …